多職種協働を成功させるには人間関係を良好にすることが大切

おすすめ記事

課題もある

良好な関係を築くことがポイント

良好な関係を築くことがポイントの記事一覧

  • 「チームワーク」が重要
    「チームワーク」が重要

    多職種協働に欠かせないのはチームワークです。チームワークが上手くいっていなければバラバラに行動してしまうため、目標に到達することはできないでしょう。チームワークが悪くなる理由として考えられるのが情報の共有が上手くいっていないことです。情報伝達に不備があると感じるようなら共有方法を見直してみましょう。もしかしたら意見を交わす機会が少ないのかもしれません。定例会議だけではなく短時間のミーティングを設けてみましょう。顔を合わせやすい時間帯に毎日数分ミーティングするだけでも全然違います。

  • チームワークを高めるために
    チームワークを高めるために

    職種が違えば考え方も異なるためすれ違いが起きやすいのですが、意見が対立したとしても目指す目標が同じであれば進むべき道を間違えることはないでしょう。まずは目標を共有しておきましょう。また、お互いに理解し合うことも大切です。お互いの考えを批判するのではなく受け入れるようにしましょう。併せて、思考をポジティブに保つことも重要です。ネガティブな発言を繰り返すメンバーがいたら仕事に対するモチベーションが下がってしまうからです。

  • コツは会話量を増やすこと
    コツは会話量を増やすこと

    チームワークの良さは会話量に比例するといわれています。ギスギスした人間関係では会話は弾まないからです。会話量が少ないと感じているなら、積極的に声をかけてみましょう。状況が好転するかもしれません。ただし、ただ声をかければ良い、というものではありません。相手の立場を思いやって声をかけなければ意味がありません。否定するばかりの人と会話をしても楽しくないからです。相手の奥にある思いをくみ取り、それを受け入れて共感することで信頼関係ができあがっていくのです。

多職種協働で視野を広げたい方に

特集カテゴリ一覧

最新記事一覧